ONCALL 採用サイト

ON CALL 採用サイト

応募する応募する

現役医師監修クリニック向け在宅医療支援サービス「オンコール」

ON CALLサービスサイト↗︎

MEMBER

メンバー紹介

患者様に寄り添った医療サービス”を通し、安心して在宅医療を受けられる社会に。

Clinic Support責任者

早乙女 梨奈Rina Saotome

CAREER STEP
1997年生まれ 千葉県出身
2019年東京医科大学病院看護学科卒
東京医科大学病院循環器.腎臓内科病棟勤務
現on call Clinic Support 責任者
PROFILE
東京医科大学医学部看護学科を卒業後、都内の大学病院の循環器内科・腎臓内科混合病棟で4年間看護師として勤務。2023年4月より株式会社oncallに参画し、クリニックサポートとして関与。

早乙女さんがこれまでどのようなお仕事をされてきたか、教えていただけますでしょうか?

大学を卒業後、都内の大学病院の病棟看護師として4年間働いていました。

病棟では患者様の状態観察、日常生活の介助といった病棟業務のほか、多職種と連携してさまざまな面から患者様のサポートをしてきました。

退院後に在宅訪問診療にうつられる患者様について、メディカルソーシャルワーカー(MSW)と情報共有して生活環境の調整に携わり、病院の医師とともに患者様とキーパーソン(ご家族)の方・訪問診療クリニックの医師や訪問看護師・MSW等を交えたメンバーで、患者様にとって最適な医療環境を整えるカンファレンスを行っておりました。また、患者様が実際にご自宅に戻るにあたって、ご家族にとって必要となる技術(日常生活介助や医療技術)の指導やサポートもしていました。

早乙女さんは、どのようなキッカケで転職を考えるようになったのでしょうか?

上記のような勤務経験を通して、在宅医療の重要性を大きく感じたのが転職のキッカケです。

on callでは、知人の医師からの紹介で働きはじめました。当初は業務委託契約として関わっておりましたが、より深く業務に触れていくにつれてon callで働きたいと強く思うようになり、正式に転職することに決めました。

どのような点に魅力を感じ、on callへの参画を決めましたか?また、on callで実現したいことを教えてください!

高齢化社会の昨今、将来的にも需要が高まっていくことが予想される在宅医療において、医療機関と連携して地域医療を継続して行うこと、また、その医療の質を担保する必要性を、前職での業務を通して実感しました。

勤務していた病院でも80-90歳代の高齢の患者様が大半を占めており、ご家族を含め「自宅に帰りたい」とご要望される方も多くいらっしゃいました。しかし、在宅医療ではご家族の負担も大きく、老人ホームなどの施設へやむを得ず入所される患者様も少なくありませんでした。「患者様に寄り添った医療を提供する」ことを大切にしているon callの事業を通して、そのような方々のサポートがしたいと思っています。

自宅には医療者がおらず、容体が少し変化するだけでも患者様やご家族は不安を募らせてしまいます。私たちが提供する患者様に寄り添った医療サービスを通して、安心して自宅で過ごしてもらえるようにしていきたいです。

現在、早乙女さんはon callでどのようなお仕事をされていますか?

on callでは主にClinic SupportとTrainerとして関わっています。

Clinic Supportとしては、契約クリニック様と密に連携を取り、日々の対応についてヒアリングした内容をオペレーションに共有することで業務改善を図っています。

Trainerとしては、オペレーションメンバーがスムーズに対応できるように業務工程を円滑化させ、臨床現場での対応能力が向上するよう指導を行っています。また、どんな時でも弊社の理念通りの対応ができるよう働きかけています。

最後に、今後どのような仲間と一緒に働きたいかを教えてください!

在宅医療に関心があり、患者様のことを第一に考えられる方と働いていけたら、と思っています。常にポジティブさを忘れずに仕事に取り組んでいける方と一緒に、会社を大きくしていきたいです!

SHARE

X X X
一覧へ戻る

ANOTHER INTERVIEW

他のインタビューを見る
写真

一体誰のための医療なのか。現役医師が感じた、在宅医療の課題と可能性。

代表取締役 CEO

符 毅欣Takayoshi Fuu

詳細を見る
写真

「闘病生活をする家族のために」実体験をもとにサービス開発を決意

取締役 CMO / COO

中溝 祐介Yusuke Nakamizo

詳細を見る